読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦がゼロからアフィリエイト

ネット初心者、いわゆる情報弱者です。2016年5月31日、wordpress.comからはてなに来ました。アラフィフのごく普通の子育て中の主婦です。 アフィリエイトに興味を持ち、挑戦しています。最近、やっと、やっと、wordpressを始めるためにエックスサーバー申込しドメインとりました。コメント入れてくださると、かなり喜びます。

自分自身が、『まあ、だいたいこれが正解かな~?』・・・と感じた道を行こうと思う

たうびーです、こんにちは。

 

アフィリエイト作業のほうは休みっぱなしで、

このブログの駄文記事ばかりを

ジャンジャンupしていくって

どうよ

 

っていういつも通りの序文を書いた後に

 

このタイトル

自分自身が、『まあ、だいたいこれが正解かな~?』・・・と感じた道を行こうと思う

 

についてご説明します。

 

 

私の子どもに、軽い発達障害を持っている子がいまして、

(昨年後半に発覚しました)

 

いろいろ、わが子を通して、

自分のこれまでの人生の出来事のことなんか、

よく考えてしまったりするんですよね。

 

それでね、

『きっと私も自分自身も軽い発達障害をかかえているんだろうなあ』

調べたことはないのですが

うすうす、そう感じています。

 

なぜなら、

この子は、非常に私とよく似た性質を持っていまして、

 

その似た部分こそが、

この障害の特徴と言われるものと

重なっているからです。

(私とこの子とは、似てない部分も多いのですが)

 

詳細を書くと、超長文になるので、

どんな性質かは今回は割愛させてもらいます。

 

私自身としては、

この子のことを通して、

『ああ、そうだったのか、だから、私は生きづらかったのか!』

 

とむしろ新たな発見を得ることが多く、

 

自分の長年の悩みの根本にあるものが

なんであったのかが

 

この子の成長を通して

徐々にわかってくるようになったことが

 

名実ともに

『子育てとは、親も共に育つこと』である

ということを

身をもって実感できるような

そんな気がしています。

 

しかし、物事はそう単純でもなくて、

この子を眺めることで

自分自身を再発見したような気持になっていても

 

それは、まるで幻のようなもので、

 

また自分自身のことや、わが子のことが

よくわからなくなって、

 

せっかくほどけかかっていた糸が

カラカラと音を立てて空回りした挙句、

またグシャグシャに絡まっていくような、

 

ここ半年は、なんとも表現しづらい

(辛いとか、苦しい、という気持ちではないのですが、)

複雑な心境になることも多かった。

 

 

このように

空回りするときは、

いつも

わたしは

無意識に

『答え』

を求めているんですよね。

 

自己啓発本を読み漁ることもあったし、

一人黙々と考え続けることもあったし、

宗教的な本や

哲学的な本を読みあさることもあった。

 

でもね。

 

なかなか、心の底から

ガッテンガッテンガッテン

となることって、

ないよね。

 

細かい部分では、

『ああそうだなあ』って思えても

 

自分がどうやって生きていくのが

本当に幸せなことなのかって

そういうことは、

他人は教えてくれないよね。

 

 

ガッテンガッテンガッテン

となることを探してる。

ずーっと探してる。

で、探して得たガッテンを、

積み重ねてきて、今、ここにいるような気がする。

 

多分、命尽きるまで

ガッテンガッテンガッテン

探してるような気がするなあ。

 

これまでの人生、

いっぱい

『間違えた』ような気もするけれど、

 

 

道を『間違えた』って思っているから、

 

今、歩いている道も

『この道、間違えてない??? 私、あってる???』

って

不安になるんだろうね。

 

一番間違っていたと思うことは、

続けてやっていることが

いっこもないってこと。

 

飽きっぽくて

何にも続かなくて

人や環境のせいにするのは大得意で

 

でもさ、

 

こんな私だから、

夫がひろってくれたんだよな。

 

言い方を変えると、

ひろってもらえる私だったんだ。

 

私の良さってあえていうならそこじゃないだろうか

 

ほっとけない

ってどこかの誰かが思ってくれる

 

それだと思う。

 

 

あんまり、自分の来た道を卑下し過ぎずに

自分自身が、『まあ、だいたいこれが正解かな~?』・・・と感じた道を行こうと思う。

 

 読んでくださってありがとうございます。