読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦がゼロからアフィリエイト

ネット初心者、いわゆる情報弱者です。2016年5月31日、wordpress.comからはてなに来ました。アラフィフのごく普通の子育て中の主婦です。 アフィリエイトに興味を持ち、挑戦しています。最近、やっと、やっと、wordpressを始めるためにエックスサーバー申込しドメインとりました。コメント入れてくださると、かなり喜びます。

駆け出しアフィリエイターの宣誓!

00 決意表明 01 アフィリエイターという職業

宣誓

 私、たうびーは、不撓不屈の精神を胸に

 なるべく前を見て進んできました。

 

 今日、今までのアドセンスの収益を書いているうちに

 

 これまで支え、導いてくださった 

 多くの皆様への、感謝の気持ちがわいてきました。

 

 このブログの内外で、支えてくださった皆様、

 ありがとうございます。

 

 活力が乏しいといわれる時代に生きていますが、 

 しかしまた、希望の光がみえないわけでもありません。

 

 私個人の人生もしかりです。

 

 私には特技と呼べるものもありませんし、

 理解力や記憶力がとりわけ良いということもありません。

 

 ただひたすらに、信じた道を歩くことを信念としております。

 

  たうびーのHNを、自分につけた日以来、

 

 こうして、憧れの仕事、アフィリエイターの駆け出しとして、

 まだまだ修行中とはいえ、

 続けることができたことを

 

 すべての皆さまに感謝いたします。

 

 と同時に、

 自分自身が、

 目に見えない力に動かされているようにも

 常々感じております

 

 

 「このまま作業していて、大丈夫なんだろうか?!」

 という、心の迷いはなくはないですが、

 

 今現在もそうですが、

 私個人の力よりも、

 目に見えない力のほうが、

 大きく働いてくれているように

 感じていますので、

 

 この力に存分に乗って、今後、

 今まで以上の成果を上げて見せることを

 ここに誓います。

 

 

 でででで、

 かっこいい、仕事のできる、

 カリスマ主婦アフィリエイターに

 必ずなります!!

 

 

 

 それまでは、

 このブログは、

 自由気ままに愚痴を書き、発散し、悩む

 唯一の貴重な場として、大切に育てていきたいなあと、

 そう思っております。

 

 皆さまのコメント、ブログ、大変参考になり、

 心の支えとなっております。

 

 いつも、ありがとうございます。

 

 

 アフィリエイターという職業においても、

 私個人のプライベートにおいても、

 

 今後の、5年10年は、人生最大の勝負どころだと

 思っております。

 

 眠いとか、不安だとか言っていないで、

 力の限りに突っ走るほうが、

 

 かっこいい女だと思ったので、

 そこに向かってクールに走り抜けてやります。

 

 たうびーよ、5年後、みておれ。

 

 

 びっくりすることが起きているぞ。

 

 楽しみだ。

 

 

 

 そんなすごいことを起こせるおまえが、

 不安だとか、ぐずぐずいってんじゃねーぞ、

 こんにゃろめ。

 

 

 ちょっと調子に乗ってきたので、

 もうやめます。

 

 

 はしる、はしる、おれーたーち♪

 

 

 そうだ、流れる汗など拭いている暇はない。

 つきぬけるんだ!!

 

 

 

 結論は、

 

 気を取り直して、がんばるって、

 

 そういうことだけでした。

 

 1200文字使ってごめんなさい。

 

 自由すぎる。。。

 

 

 

 

 

あ、すみません、この文章書くとき、

ちょこっと、

前田大輝主将の文言をお借りしました。

誰も気づかないでしょうけどね。。。。 

 

ぜんぜん内容違うし、、、

私の文章、薄いし。。。

ほんとうにすみません。

 

 

未来への懸け橋かあ。

 

 

「未来への架け橋として一生懸命プレー」/宣誓全文
[2016年8月7日10時1分]

www.nikkansports.com

 

 

 

栄光への懸け橋を思い出しちゃった。

アテネオリンピックは、2004年だったんだね。

12年も経ってるの!?

驚いたΣ( ̄□ ̄|||)

 

www.youtube.com

 

 

リオも、日本、体操団体金メダルでしたね。

すごいね。

団体総合 体操 リオ 2016

 

 

 

あたしも4年後は、アフィリエイト界の金メダルとってやる。

 

 

あ、1400文字いっちゃった。

 

きりがないので、本当にこの辺で。

 

ありがとうございました。