読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦がゼロからアフィリエイト

ネット初心者、いわゆる情報弱者です。2016年5月31日、wordpress.comからはてなに来ました。アラフィフのごく普通の子育て中の主婦です。 アフィリエイトに興味を持ち、挑戦しています。最近、やっと、やっと、wordpressを始めるためにエックスサーバー申込しドメインとりました。コメント入れてくださると、かなり喜びます。

アフィリエイトは、生きるための手段、だと気づく

10 今後の課題整理

たうびーです。

膝ガクガク、ブルブルです。

 

「人に役に立つサイトを作る」と「稼ぐ」は関係性はあるが直結はしていない

 

ご存知、有名なネトビジュの桜井さんのブログ記事です。

またまた、許可を得ずに、リンクです。

 

(いや、1日PV50あるかないかのこのブログから、いちいち、「りんくしてもいいですかあ?」って聞かれるのも、聞かれる方からしたら、面倒な話かなあ、とか思いまして。

このあたり、業界のルールが、イマイチよく掴めません。)

 

 

 

桜井さんの記事読んで、びっくり(◎_◎;)しました。

 

だからか。。。だから、私のブログは、収益でるのに時間がかかっているんだ…

 

 

「人の役に立つサイトを作りたい」

「作ってみたいサイトがある」

ええ、これ、常日頃の私たうびーの口癖でございます。。(・・;)

 

でも、

さすがにこの1日の訪問者数が、一桁のこのブログを、

かの桜井さんが読んでらっしゃるワケはないので

(⇧いやどんだけ自意識過剰だよ、たうびーさんよお(^_^;))

 

私みたいなことを言ってるアフィリエイト初心者は、

この世にゴマンといる、ってことですよね。

 

その、ゴマンといるアフィリエイター予備軍の中から、

抜きん出ていくために、私はなにをするべきなのか。

 

しばらく再考したいと思いました。

 

以下、気になったフレーズを抜粋。

 

「人の役に立つサイトを作る」というのは、手段です。 ……略…… 実際には「人の役に立つ」という行為をサービスとして成立させたり、お金に変換する知恵をふり絞らないと、収益化はできないわけですね。

ほんと、まちがいないです。

おっしゃる通り。

 

 

超上級者っぽい人じゃない限りは、アフィリエイトの基本通り、案件ありきでサイトを作ったほうが良いと思います。

うーん、なるほど。そりゃそうですよね。

 

 

「作ってみたいサイトがある」という初心者ほど、要注意です。

 

紹介する案件すら決めずにサイト作成を進めちゃう傾向があるからです。

わたしのことです。(T_T)

 

 

 

…一例を挙げるなら、「CVキーワード」という概念が欠落していたりするので、これだと稼ぎを加速させるのが難しくなったりします。

・・・言いたくないが、恥を忍んで言いましょう。

 

「CVキーワード」!?(・_・;?…なにそれ。

それ食える?(⇦さやっこさんをパクった)

 

アホすぎる。

もはや初心者と名乗るのもおかしいレベルの私。真の情弱でしょう。(^^;;)

これから調べます。

 

 

 

 

ただし、人生の目的が、「コンテンツをつくること」であるならば、手段と目的が同一の場合もあるかもしれません。

 

そうだ。そこだ。

「儲けたいから、コンテンツをつくる」のか、

いいコンテンツを作りたいから、(コンテンツ)を作っている

のか。

(儲けはどうでもいいのか?

もし多少は儲けたいなら、その儲けたい目標金額はどの程度か。)」

 

そこを、自分にしっかり問わねば。

私は、「いいコンテンツを作りたいから、(コンテンツ)を作っている」つもりだったが、

(「儲けは、きっと、後から付いてくる!」という、甘めの発想ですね。)

 

よく自分の心に問うと、

やっぱりそれは、ええかっこしいで、

現実的には、ボランティアだけやって食って行ける身分ではない。

 

となると、やはり、究極の理想を思い描くより先にまずは、

「お金を手に入れることのできるサイト(ブログ)」

を作りたいし、作らねばならない。

そういうことだ。

 

私の場合は、当初の目的自体が、はっきりしていなかった。

 

桜井さんの記事は、それに気づかせてくれました。

 

「私はどうしたいのか?」

 

明確に 自発的に 意識的に 流されたとかではなく 自分の気持ちを精査した上で 自分の意思で、

 

決断しよう。と思った。

 

ありがとうございました。